サンドラの箱を開けたら 

~隊長はメディスン・ウーマン~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

クレンジングのお話

先日、ハワイでクレンジングをされた方のお話より


初めてクレンジングをお受けになられたのは約3年4か月前、
それまで歩んでこられた道から
導かれた新しい道を選び、歩き始められました。

そして1年3か月前、
ご自身の区切りとして
再びクレンジングをお受けになりにハワイへ行かれました。
この時、一つの修行が終わられたということで
それまでのご褒美のような体験に
「本当にすごい体験をさせてもらいました。」と
とてもよろこんでらっしゃったのが
ついこの間のような気も致します。

命を助けて頂いたくらいのこととお聞きしておりましたので、
みるみるうちにお若くなられ、
とてもイキイキキラキラされる姿を拝見し
クレンジングはやっぱりすごいなと
更にこれから新しいステージを歩まれる、、はずでした。


ここからは”明日は我が身”というお話ですが、
自分の中に潜んでいるエゴが大きくなるというのは
自分ではなかなか気づきにくいものなのだと
思い知らされたことでもありました。


通常のクレンジングでは
現世で溜まった汚れを出してきれいにしていくということをしてくださり、
カルマクレンジングでは
(前世)と同じパターンを繰り返さないように
"糸"を切っていくということをしてくださいます。

古いカルマを切り、
同じパターンを繰り返さないようにするわけですが、
切ったとしてもご自身次第で、
今生で新しいカルマをつくってしまうこともできます。
(人を傷つけたりすると「フ」のカルマとしてたまっていくとのこと。)
自分次第で汚れはいつでもたまるのです。
そして、再びクレンジングが必要になる場合もあります。

と教えて頂いております。


このように知らず知らずのうちに
自分の癖のようなものがではじめたり
自分の苦手とするところと向き合えず、
人のせいにはじめたり
さまざまな形でメッセージを送って頂いても
もうすでにどこ吹く風
自分は間違っていない、
そんな悪いことをした覚えはない
挙句の果てには、自分の弱い部分を正当化しようと
外に言いふらしてしまう。。。

先生方に出会う前、かつての私もそうでした。

そして―
若返えり、イキイキした姿は変化し
気づけば体調は悪化、ぎりぎりの状態で
先日、再覚悟のクレンジングをお受けになられることとなったのです。
(お受けになることを許されたとのことでした。))


今回のハワイでは
進化された隊長の”ぶっ飛び"の現場にも居合わせられたとのことで
言葉では表すことができないくらいの奇跡と驚きの連続で、
何より一番強く願われていた
ご自身の身体が楽になられた奇跡に大変喜んでらっしゃいました。

これは普通、私たちが知っている治療法では
そう簡単に成せる業ではないことでございます。

まだお戻りになって間もないですが
ぎりぎりの状態とおっしゃってたのが遠い昔のように
お肌はつやつやし、キラキラ輝きはじめてこられました。
本気の2012年、
この奇跡と感動を忘れることなく
進まれることと思います。


そして私はこの奇跡を語り継いで行きたいと思います。




スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| サンドラの箱を開けたら  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。