サンドラの箱を開けたら 

~隊長はメディスン・ウーマン~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

今年消えたもの


イズコへ――――――

思い起こせば
昨年、隊長が京都にいらっしゃっていたときのこと
消えたものがありました。
ありえない!と思っていたことがありえる世界。


今年は・・・


京都では、隊長がおっしゃる「メイリンモード」
ほぼチャネリング状態での日々をお過ごしになられていました。
わたくしも隊長とそうでないときの隊長の境目が
ほとんどといってよいくらいわからなかったほどでございます。

(後から伺いますとこのことはそう容易なことではなく
身体にもかなりご負担がかかることと教えて頂きました)


チャネリング状態の時はご自身で何をお話になられたのか
覚えてらっしゃらないことがございます。
ご自身でもこのチャネリングセッションやワークショップを受けてみたい
とおっしゃるほどです。


普段はお許しがない限り録音などは固く禁じられております。


ワークショップ直前、

この日はお許しを得て録音をさせて頂くことになりましたので、
音と動きを同時に記録できるので録画を試みました。
カメラのデータがいっぱいになるまでとり
間違いなく取れたことを確認しました。
で、その夜、パソコンにデータを移したのですが、、、、、

血の気がサーッと引く音が聞こえたような気が致しました。

それから、メモリカードを抜いたり挿したり
終いにはカメラを見回し振っていました。。。

写真は残ってちゃんと落とせてるのに
パソコンのファイルを開けまくりましたが
その画像だけがいくら探しても見当たりません。


そして気づけばカメラのデータがいつの間にか空っぽに。。

え~なんで~ どこいったーーーん!?

落ち着けるまでにかなり時間がかかり
翌日、隊長に正直にご報告いたしました。

すると隊長は「消されましたね」と。


チャネリング「メイリンモード」全開で
行われたワークショップ
ご参加された方はお感じになられていると思いますが

それはそれは厳かで
スピリチュアルコンサートさながらの不思議な空間でございました。

あの空間は普通では体験することのできないすごい次元だったそうです。


やはり録画してはいけなかったようでした。



魂が 忘れませんように


P1010400.jpg
















スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| サンドラの箱を開けたら  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。