サンドラの箱を開けたら 

~隊長はメディスン・ウーマン~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

私の体験談

私が、はじめてこれは不思議な感覚を体験をしたかも?と意識したのは
真由美先生がはじめて京都に来日くださった2008年6月。

先生がセッションをしてらっしゃる間、お邪魔にならないよう外に出かけようとしていた私に
「今は休まれた方がいいですね」と別の部屋でソファーに座って休むようお声をかけてくださいました。
記憶がある限りではあまりお昼寝をしたことのない私。
「眠たくないかも。。。」と内心思ってのですが、
おっしゃってくださったようにソファーに座らせていただいた途端、
体の力が抜けてなんとも気持ちよくなってきたのです。
そして、気づかない内に意識はなくなり、
気づいた時には「あれ? 寝てた?」と目覚めた時はかなりスッキリしていたのを覚えています。
私にとってはとても不思議なことでしたが、その時は取り留めて理由をお伺いしておりませんでした。
今思い返してみましても、この時にエネルギーとかの説明をしていただいても、
ヌカにクギでしかなかったでしょうからお手間を取らせるようなことをしなくてよかったです。

ご来日下さった別の年にはこんなこともありました。
(思い起こせばこの年も既に凄まじいスケジュールで、
1日にあり得ない時間帯までご予約いれて下さっていてほぼ休憩なしのような状態で行われておりました)
この年は1階をセッションルームとして使わせて頂き、
セッションをされてらっしゃる間、
私はもう一人のス タッフ と2階でミーティングをしながら、
終了時間前にお声をかけて次の方の準備をさせて頂くお手伝いをさせて頂いておりました。
はじめは私だけかと思って、なかなか口にすることができなかったのですが、
必死で目を開けてようとするのですがまぶたが下がる。
なんか眠い。でも眠いとは言い出せず、おきてるふりをしているのが大変でした。
あとでもう一人のスタッフの方に実は私、。。。と切り出すと
その方にも突然睡魔が襲ってきて目を開けてるのがつらかったです。とお聞きしました。
一時ではなく何度もそのような状態になり、
しばらくして、どうやら1階でセッション(この年はディープリラクゼーション)が始まると、
2階にいる私たちまで受けさせて頂いてると同じ感覚になることがわかり、
ふわ~となんとも心地よくて、終了時間がきたらお声をかけるお役の事が意識になければ、
ふか~い眠りにつけたことに違いありませんでした。
体がしたいこと(←寝たい)に逆らって体を起こしていたり重いまぶたを閉じないことがどれほど大変だったか(笑)
(何回かは私たち2人とも終了時間をお知らせするはずが、、、!なんて、こともありました。)

しみじみ思い返してみますと、その不思議体験は初めて京都にいらしたときから始まって、
それからずっと続いていることなのです。

そして、つい最近のところでは
先月、2014年3月に生ワークショップに参加させて頂くことができまして
(この奇跡!有難かったです)
詳しくは次のブ ログでご紹介させていただくことに致しますが、
この時、いろんな意味で の緊張もあり、
先生がお話される言葉をしっかりお聴きして書き留めたい
背筋を伸ばして聴かせていただきたいと思っているのですが、どうしてもぽーっとしてきます。
(あかんあかん、ちゃんとしな。と頭の中でつぶやきペンを走らせているのですが、
後からみると文字とは判別し難い文字に笑えます)

ほんの少し…と思って目を瞑ると、先生が耳元でお話下さってる気分になり、
体がゆれはじめたり、心地よさは何倍にもなるので、
もしあの時のように「横になっていいですよ。」とお声かけてくださったら
恐らく何秒もかからずに深く眠っていたと思います。
私だけではなく、眠くてたまらなかった、という方が他にも複数人いらしたのも不思議なことです。

セッションには不眠 でお悩みの方も多くいらっしゃるとお聞きしているのですが、
セッション後、お話をお伺いしてみると
セッシ ョン前には「全然寝られないんです。」とおっしゃられてた方が、
「なんか今長く寝てたような気がします。こんな不思議な体験はじめてです。」とおっしゃいます。
よくわからない私たちは「寝ていた」と表現致しておりますが
この状態は波動の違いでそうなること(深いリラックスの状態)
それから違う次元に行ってる場合もあると教えていただきました。

今まで質問すらしていなかったことがお恥ずかしいくらいですが
波動ときいても何となくはわかるけど、もっとわかりたい人たちには、
物理や量子力学を勉強するといいとも教えて頂いております。
普通の学校での勉強はあまり得意ではない私ですが、
こういう不思議を説明する勉強と聞きますと、
とても興味が湧いてきて初心者でもわかるように教えて下さる会に参加しようと予定しています。

目に見えない世界のこと、専門的な知識などの難しいことはまだまだわからないことばかりですが、
シャーマン シダーサ先生、真由美先生のお話は
もっとお聴きしたい、またお会いしたい、
できることならずっとそばに居たい、と、感じます。

そして、同じように思ってらっしゃる方々がたくさんいらっしゃるということは、
先生方にお会いされた方々のお声からわかるのはもちろんのこと、
ご予約される方の数、その方たちのリピート率の高さ、から頷けます。







スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| サンドラの箱を開けたら  |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。